放射線治療を使ったがん治療~がんを抑える対抗手段~

医者

肺がんの一種

病院

肺腺がんは喫煙によって起こるがんではないのです。しかしタバコの副流煙によって起こることが分かっているのです。肺腺がんは初期の段階では症状がなく発見しづらいのです。定期的に健康診断やがん検診を受けることが大切でしょう。

詳しくはコチラ

病院の新しいサービスとは

スーツの男性

人工透析は、週3回4時間ほどかかる治療です。これは患者や送り迎えをする家族にも負担がかかります。人工透析とは、人工腎臓で血液の老廃物を除去する治療で最近では送迎サービスをするクリニックが増えてきました。これは患者や家族の負担を減らすサービスで喜ばれています。

詳しくはコチラ

NK細胞療法で治るがん

女性

色々ながん治療がありますが、十二指腸がんに効果があるとされるのはNK細胞療法です。これは免疫力を高める治療法でかなりの改善効果があります。また偏った食生活をすると十二指腸にポリープができやすいので、普段から気をつけることが大事です。辛いものや熱いものなど刺激のある食物を避けることです。

詳しくはコチラ

がんの進行や再発の防止

女の人

手術のみでは完治は困難

がんの治療においては、がん細胞を体から排除することが重要とされています。そしてそれは、手術でおこなわれることが一般的です。がん細胞が特に多く集まっている部分を、手術によって切り取るのです。しかし手術をしても、体内の全てのがん細胞がなくなるわけではありません。手術で切除した周辺の組織や、あるいは全く異なる部位に、がん細胞がある程度転移している可能性があるからです。そして転移先でも、がん細胞はどんどん増殖していきます。つまりがんは、手術のみでは完治させることが困難ということです。したがってがんの治療は、手術だけでなく放射線治療とあわせておこなわれることが多いです。放射線治療により、がん細胞の増殖は抑えられ、がんの進行や再発が防がれやすくなるのです。

細胞分裂を抑える効果

放射線治療とは具体的には、がん細胞が存在していると考えられる部分に、放射線を照射するという治療です。がん細胞が集まって腫瘍となっている場合は、見たり触れたりすることで存在を確認することができますが、がん細胞が散らばっている場合には、存在の確認は困難です。しかし存在していると予想される部分に放射線を照射すると、その部分では細胞分裂がおこなわれにくくなります。なぜなら放射線は、細胞分裂に必要となる遺伝子に影響を与えるからです。遺伝子が影響を受ければ、細胞分裂はおこなわれませんし、それにより増殖が防がれるというわけです。放射線治療は、手術中にその周辺組織に対しておこなわれることもありますし、手術の前後に転移の可能性がある部位におこなわれることもあります。後者の場合は、十分な効果が確認できるまで定期的に続けられることが多いです。

Copyright© 2015 放射線治療を使ったがん治療~がんを抑える対抗手段~All Rights Reserved.